Ys TOOLs A

CHECL COLLECTOR 0.1.0

・始めに
このTOOLは複数のFILEから指定の文字列を検索するTOOLです

・作成の動機
Cにはヘッダファイルというものがあり
関数名とか劣化しない情報があり
FILEに指定の文字列を書きこむことで
その文字列を自動的に収拾するTOOLがあればいいのにと思い作成しました

作成したとは言ってもLIGHT GREPというTOOLを少し改造しただけだったりします

このTOOLは指定の文字列を書き込み、それを収拾するのですが
それはコメント行として機能する文字列にすることを推奨します
FILEの収拾して欲しい部分と
検索文字列入力mesboxに
;c
とか
と書いて使うことを推奨します

・使い方

・検索window
・検索対象
検索したい記述があれば
選択しましょう

・検索文字列入力
検索対象に検索したいものがある時は
ここに入力します
検索するのは一行単位のor検索です

・検索(最初)
選択したFILE全体からcheck/記述した文字列を
or検索します
前回の検索とは関係なく検索します

・検索(絞り込み)
前回の検索の中から絞り込む検索です
このコマンドを行ってから更にコマンドを行うと
更に絞り込んで検索できます

・FILE選択window
・拡張子選択
読み込むFILEの拡張子を選択します
.hspと.asはHSPのデフォで
.txtはテキストファイル
.hshと.hssはりささん作のエディタで使用している拡張子です

・ワイルドカード入力用
上記にない拡張子はここで選択します
.datの行数を数えたければ*.datと入力しましょう
L*.hspとかやると
LINE COUNTER.hspやLevelPoint.hspとかがひっかかります

・FILE選択
入力/選択した拡張子(+ワイルドカード表現)に従って
FILEを選択します

・select
FILE選択ダイアログが開かれるのでFILEを選択しましょう
ただし選択されるのはフォルダ情報です

・一覧
デフォのフォルダもしくは
選択したフォルダ内のファイルの一覧を表示します

・一覧
デフォのフォルダもしくは
選択したフォルダ内のファイルの一覧を表示します

作成:高畑ラボ(Y_repeat)
・連絡先
バグなどありましたらご報告ください
また改造後再配布時配布URLを教えていただけると嬉しいです
y.tack2010@gmail.com

添付ファイル: fileYs_A02 CHECK COLLECTOR wiki.zip 13件 [詳細]